Workshop Information

2月10日・11日向井田みお先生WS開催!

  
【日程】
2018年2月10日(土)・11日(日)
10日 13:30〜15:30 
11日 1クラス目10:00〜12:00 2クラス目13:30〜15:30
 
【会場】
寺子屋しゃんてぃスタジオ(安佐南区古市)
 
 【受講料】
10日)1クラス ¥5500(早割¥5000)
11日)1クラス受講¥5500(早割¥5000)、2クラス受講¥10500(早割¥10000)
 
 ※早割対象となるのは1月10日(水)までにお申し込み・お振込みを完了していることが条件となります。
※お申し込みから1週間以内にお振込をお願いいたします。
お振込後のキャンセルはできません。
 
【お申込】
お名前・お電話番号を明記のうえメールにてお申し込み下さい。
info@shanti-yoga.net
 定員に達し次第締め切りとさせていただきます。
 

<10日13:30 - 15:30>
ヨーガの基本まとめ(座学)
 
YOGAの基礎知識を一気にまとめてみるクラスです。
ヨーガの哲学、一元論や二元論、ハタヨーガの伝統や経典、近現代のヨーガ実践法など。YOGAの変化を時系列で追いながら、どんなカテゴライズがなされ、どんな風に変化していったのか?
そして今私たちが伝統的なヨーガを学び、メリットを得るためには、どう学べば効率的なのか?この辺りを一気に整理してみたいと思います。
 
クラスの終わりには、私たち自身がYOGAに何を求め、迷わず適切なヨーガの技法を選択し、ヨーガを続ける目的がはっきり見えてくるように、まとめます。
 
中心テーマは3
4つのYOGAについて
ハタヨーガ・ラージャヨーガ・カルマヨーガ・ニャーナヨーガ・バクティヨーガなどのヨガの種類や違い
 
YOGAの経典と哲学について
ウパニシャッドから『ヨーガスートラ』、そしてハタヨーガまで
 
YOGAの種類と目的
伝統ヨーガが近現代のスタイルに変化した経緯 


<11日10:00〜12:00>
古典ヨーガについて(座学)
 
中世から近現代にかけて成立してきたハタヨーガを古典経典を元に総まとめしてみます。
   ハタヨーガのそもそもの目的とは?
   古典経典における伝統的なヨーガの技法を確認したい
   伝統を学ぶためのヨーガ経典にふれる
 
この3つを軸に、トータルにハタヨーガをみることで、YOGAへの迷いが払拭されます。安全に自信をもって自分にとって最適なYOGAを見極めるベースをしっかり抑えていきましょう。ハタヨーガの目的とテクニックを学び、賢く、無駄なく、効率的にヨーガの効果を理解するためのクラスです。
*参考資料『ハタヨーガの基礎と実践』yogabooks
 
11日13:30〜15:30>
伝統ヨーガ実践クラス(実技)
 
古典のメソッドに基づいた伝統的なハタヨーガを実践します。
 インド政府も推奨する伝統ヨーガのクラスの構成は3つ。アーサナ(身体技法)、呼吸法そして瞑想。この3つの要素がすべて入って、伝統ヨーガのクラスとみなされます。まずは体の感覚を見ながら筋緊張バランスを最適化させるポーズの練習をします。形ではなく、意識の移り変わりに注目し、体を動かすときから瞑想の準備は始まります。体が整った後は、伝統的な呼吸法で自律神経のバランスを整え、体の内部の感覚を研ぎ澄まし、その後、そのまま瞑想に入っていきます。クラスの最後には、質疑応答の時間も取り、疑問を解決し、すっきりと古典YOGAを体得されていかれることを目指します。 


講師紹介>
向井田みお

1999YOGAに出会い、 2003Sivananda Ashram,Vivekananda Kendara等で YOGAを学ぶ。 2005年からアドヴァイタ・ヴェーダンタ【一元論】学派指導者スワミ・ダヤーナンダ師の元で、サンスクリット語、『ウパニシャッド』、『バガヴァッドギーター』経典と瞑想を学ぶ。 2016-2017年インドのカイヴァルヤダーマ YOGA学校 Diploma学位コース終了。
現在、東京・代々木 UTL(アンダーザライト ヨガスクール)にて Yoga哲学、まいあさ瞑想(月―金 毎朝 7:00-8:30)担当。
 
著書:『やさしく学ぶバガヴァッドギーター』、『やさしく学ぶヨーガスートラ』、『やさしく学ぶウパニシャッド』、『ハタヨーガの基礎と実践』(いずれも Yogabooks出版)